EDの原因も様々

EDは性交渉に及ぶ際に陰茎が十分に勃起をしない状態を意味します。
日本語では「勃起障害」と呼ばれます。
健康な人でもたまに勃起しないことがありますが、性交渉の75%以上の回数で勃起が不十分な時にEDの診断が下ります。
また、性交渉の最初のうちは勃起していても、途中で維持できなくなってしまう、いわゆる中折れの状態であってもEDと診断されます。
現在、日本の成人男性の4人に1人がEDだという調査結果があります。
また、EDまでは行かなくても、時々勃起しないという軽度の症状の人も含めると、実に8割の男性が何らかの問題を抱えていると言われています。
年齢別に見るとやはり年齢が高くなるほどEDの患者は増える傾向にあり、40代の6人に1人、50代の4人に1人、60代の3人に1人がEDの症状を抱えています。
EDの原因は人によって異なりますが、「肉体的なものが原因となるED(器質性ED)」と「精神的なものが原因となるED(心因性ED・機能性ED)」の2つに大別することができます。
器質性EDで一番多いのは加齢が原因となるものです。
通常、性的刺激によって陰茎の海綿体に大量の血液が流れ込むことで勃起が起こりますが、加齢によって男性ホルモンの量が減ると性的な機能が低下して勃起が十分に起こらなくなってしまいます。
生活習慣病の進行によってEDが引き起こされることもあります。
先程も言ったように、勃起をするためには十分な量の血液が陰茎に流れ込む必要があります。
しかし、血管の内壁に脂肪やコレステロールが付着する、いわゆる動脈硬化の状態になってしまうと血管が細くなり血液の流れが阻害されてしまいます。
こうなると十分に勃起することができなくなってしまいます。
神経の障害もEDの原因となります。
脳血管障害やアルツハイマーといった病気によって神経が傷ついてしまうと性的な刺激を受けてもそれを脳が感じることができず、脳から陰茎に勃起の命令が届かなくなってしまいます。
慢性疾患を抱えている人は服用する薬によってEDが起こることもあります。
よくあるのが、うつ病などの精神疾患の治療薬として使われる精神安定剤や不眠症治療のための睡眠導入剤によるEDです。
こういった薬は緊張した精神を和らげてくれますが、同時に筋弛緩作用もあるため、十分に勃起しなかったり、勃起しても硬さが足りません。
もう一つのタイプの勃起である心因性EDについてですが、これは日常生活でのストレスや仕事上のストレス、幼児期の性的トラウマなど原因が非常に幅広く、また、これらの原因が複数影響していることもあるので、原因を究明するのがとても難しいのが特徴です。
また、性的なことで女性からなじられたことが原因でEDになってしまうこともあります。
どちらのタイプにしても今はEDに効く良い薬があるので、まずはしっかりと原因を突き止めることが大切です。